Maureen Dixon Kemarre

Maureen Dixon Kemarre
不明年生まれ
言語グループ:Anmatyerre

モーリーンがMbantua Galleryに初めて作品を提供したのは、2000年9月のことでした。彼女は、アーティストのエルシー・ディクソン・ペナンケ(Elsie Dixon Penangke)とAnkerrapwの長老であるウォルター・ディクソン・プウェル(Walter Dixon Pwerle)の娘という、アーティストを多く抱える大家族の出身です。彼女のスタイルは、ディクソンファミリーのユニークな作品を反映しています。

ヨーロッパの教育だけでなく、アボリジニの教育も受けてきた彼女は、オーストラリア中央砂漠のユトーピア地域にあるムルガ・ボア・スクールで教師のアシスタントをしていました。彼女には、絵を描く4人の姉妹(テルマ、エリザベス、ダイアン、ジリー)と、兄ヘンリー・ディクソン(Henry Dixon)がいます。

モーリーンの芸術スタイルは、父親の土地Ankerrapwに属するストーリーのため、Awelye(女性の儀式やボディペイント)のデザインに影響を受けていることが多くなっています。

展示会

  • 2000 Mbantua Gallery, Alice Springs, NT, Australia

コレクション

  • Mbantua Gallery Permanent Collection, Alice Springs

お問い合わせフォーム