Alpar (Rat-Tail Plant) Story

アート番号:SP7737
アートサイズ【縦】30cm
X【横】30cm
アーティスト:
Karen Bird Ngale

カレン(Karen)が描くのは、カレンの言葉ではAlparと呼ばれているrat-tail goosefootまたはgreen crumbweedという植物(Dysphania kAlpari)のストーリーです。低く直立したハーブで、触ると粘り気があり、柑橘系の香りがします。アカシアの群生地でよく育ち、カレンの住むアリス・スプリングスの北東に位置するユトーピア地方で多く見られます。この植物は、ネズミの尻尾のような長い花を咲かせ、高タンパク、低繊維が含まれている黒い光沢のある小さな種子をつけます。この植物は粘り気があるため、成熟してもすぐには種が落ちず、他の植物よりもずっと遅い時期に収穫できます。

昔、Ilkawerneの女性たちは、この種を集め、時には水に浸して膨らませたり、熱い炭火で焼いたりした後、粉にしてダンパー(パン)の材料にしていました。今では既製のパンがあるため、この習慣はあまりありませんが、このストーリーは若い人たちに絶えず教えられ、その生産性を確保するための儀式が行われています。また、香りのあるAlparの葉を採取し、水に浸して薬用の洗浄剤として使用しています。また、粉末にして動物性脂肪と混ぜて軟膏としても使用されており、この植物は非常に重要な食料・薬用資源となっています。

¥23,500

売約済

売約済

関連するアート作品

Share on facebook
Share on twitter